ネット風評被害事例から学ぶ対策法とは

失恋で生まれた恨み、じれったさ、憎しみなどをぶつける矛先がネットに向かった時は危険です。 今まであんなに好いてくれた相手が一片し、の悪口や隠し事、恥ずかしい写真などを公開されてしまい、その後の人生に影響が及んでしまうというおそろしい場合もあります。

2人以上の人間が関わる被害

ストーカーや元恋人であれば、被害者も加害者も1名づつですが、それ以上にややこしいのが第三者が絡んでいる場合。 それぞれの立場や目線から見ると全く違う捉え方になることだってありますし、それぞれの感情も異なります。 いくつかの事例と解決策を見ていきましょう。

個人が企業を倒産に追い込む事ができるほどの力を持つネット風評

確かに悪徳な会社もありますが、その評価をネット上で書き込む場合は注意が必要です。 場合によっては他の消費者の役に立てばと書いたつもりのコメントによって自身が訴えられることだってあるんです。 商品やサービスがひどくても、書かない、又は一旦落ち着いてから言葉を選んで書くようにしましょう。

成就しなかった恋ごころの行き場がネットで爆発することも

インターネットが幅広く使われる時代になりましたが、その使い方によってはあなたもネット上で風評被害に遭ってしまう、もしくは加害者になってしまう危険性をひめているのもまた事実です。
ネット風評被害とは、インターネット上での書き込みなどにより、個人や会社のイメージや商品の虚偽の口コミ、又は単なる悪口などの誹謗中傷を受ける事です。
事実無根の勝手な迷惑行為によって、倒産する企業やうつ病になるケースもあります。
このサイトでは実際にあったいくつかのネット風評被害の事例を学び、その改善策について考えていきたいと思います。

人と人の付き合いの中では必ず感情が生まれます。
溺愛することもあれば、それゆえに怒りを覚える事もありますし、叶わぬ恋だってうまれることもあります。
そういった感情をぶつける先がネットになると、大変なことになります。
感情のままにあることない事を書き込んで公開してしまったり、企業に対しても良いところには一切触れず目についた苦情だけを並べた口コミを書いてしまうと、一瞬で加害者となってしまいます。

ネット風評被害で怖いのは、その拡散の速さ。
それに加え自分で知らないところで広まってしまうということもよくあるようです。
よく、良い噂より悪い噂の方が広まる速さが早く、人も興味があるといわれますがネット上でも同じことがいえるようです。
うっかり危害を加えてしまったり、被害にあわない様に、いくつかの事例から学んでいきましょう。

おすすめリンク

風評被害対策ならまかせて安心

悪い噂や人目につくと困る書き込みを見られないようにできます!風評被害対策でお困りならプロにおまかせ!